先入観を一切排し、ただただ流れる音に耳を傾けると、Al JarreauやMinnie Ripertonからの影響を感じる滑らかな歌声と確固たる「ソウル」が鼓膜を揺らす。歌い手の名はErin Hunt(エリン・ハント)。しかしそのリスニングバックグラウンドは聞き手の想像とは相反するものだ。彼女はブラックミュージックをほとんど聴かずに育ち、BeatlesやAllman Brothersを好んで聞くのだという。それでも、Swing Out Sistersのようなアシッドジャズをベースに感じさせるアルバム『The Woman I Am』には、どこかチャカ・カーンやロバータ・フラックのようなソウルも感じる。リスニングバックグラウンドであるUKロックやカントリーと、生まれ持ったソウルが見事に調和し、心地よい爽快感をもたらす独特のアシッドジャズへと変貌させているのだ。
グラミー賞受賞のプロデューサー/エンジニア/ミキサーのRon Saint Germain も、彼女について「これまでAretha Franklin、Whitney Houston、Ashford & Simpson、Chaka Kahn、Diana Rossなどの大御所シンガー達と、関わってきたが、Erin Huntは、間違いなく彼女たちと同じ才能を持っている」と太鼓判を押す。そして「“The Woman I Am” を一度聞けば、僕の言っている事がすぐに理解できるだろう。」とも述べ、彼女の音楽を称賛した。そして彼の言葉の通り、ソウルマナーをしっかり感じる“The Woman I Am”から、 斬新なサウンドが最高にクールな“My Friends” 古典的な“The Weight”まで、 ソウルの過去・現在・未来を縦横無尽に行き来する様は、まさに「天才」。 Erin Huntの神に与えられし才能が、 『The Woman I Am』で鮮やかに花開いた。

先入観を一切排し、ただただ流れる音に耳を傾けると、Al JarreauやMinnie Ripertonからの影響を感じる滑らかな歌声と確固たる「ソウル」が鼓膜を揺らす。歌い手の名はErin Hunt(エリン・ハント)。しかしそのリスニングバックグラウンドは聞き手の想像とは相反するものだ。彼女はブラックミュージックをほとんど聴かずに育ち、BeatlesやAllman Brothersを好んで聞くのだという。それでも、Swing Out Sistersのようなアシッドジャズをベースに感じさせるアルバム『The Woman I Am』には、どこかチャカ・カーンやロバータ・フラックのようなソウルも感じる。リスニングバックグラウンドであるUKロックやカントリーと、生まれ持ったソウルが見事に調和し、心地よい爽快感をもたらす独特のアシッドジャズへと変貌させているのだ。
グラミー賞受賞のプロデューサー/エンジニア/ミキサーのRon Saint Germain も、彼女について「これまでAretha Franklin、Whitney Houston、Ashford & Simpson、Chaka Kahn、Diana Rossなどの大御所シンガー達と、関わってきたが、Erin Huntは、間違いなく彼女たちと同じ才能を持っている」と太鼓判を押す。そして「“The Woman I Am” を一度聞けば、僕の言っている事がすぐに理解できるだろう。」とも述べ、彼女の音楽を称賛した。そして彼の言葉の通り、ソウルマナーをしっかり感じる“The Woman I Am”から、 斬新なサウンドが最高にクールな“My Friends” 古典的な“The Weight”まで、 ソウルの過去・現在・未来を縦横無尽に行き来する様は、まさに「天才」。 Erin Huntの神に与えられし才能が、 『The Woman I Am』で鮮やかに花開いた。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

RELEASE

The Woman I Am

Released:
2012.12.21
Price:
¥1905 (+ tax)
Tags:
Erin Hunt, The Woman I Am,

○Minnie Ripertonのような歌声
Al JarreauやMinni Ripertonの影響を感じる滑らかな歌声

○現代のSwing Out Sisters
ロックとソウルを見事に調和させたアシッドジャズを展開

○ソウルのタイムマシーン
ソウルの過去・現在・未来を縦横無尽に行き来する

Swing Out Sistersのようなアシッドジャズをベースに感じさせながらも、どこかチャカ・カーンやロバータ・フラックのようなソウルも感じる。リスニングバックグラウンドであるUKロックやカントリーと、生まれ持ったソウルが見事に調和し、心地よい爽快感をもたらす独特のアシッドジャズへと変貌ソウルマナーをしっかり感じる“The Woman I Am”から、 斬新なサウンドが最高にクールな“My Friends” 古典的な“The Weight”は是非聞いて頂きたい。

TRACK LIST

  1. Everybody3:46
  2. The Woman I Am3:28
  3. My Friends2:44
  4. Ain't Nobody3:13
  5. Thankful3:50
  6. Music to Me (feat. Shane Free)3:13
  7. If I Could Go Back3:48
  8. If You Believe3:41
  9. The Weight4:25

MOVIE

Contact

このアーティストについてのお問い合わせはこちらから

お問合せ種別 / Type Of Inquiry *
お問い合わせアーティスト名 / Artist Name *
名前 / Name *
メールアドレス / Mail Address *
電話番号 / Phone Number
スカイプID / Skype ID
国 / Country
郵便番号 / Postal Code
住所 / Address
お問合せ内容 / Message *
  • Facebook
  • Twitter
  • Line