ソウルフルな歌声と確かな熱量を感じさせる力強いリリックで人気を集めるオレゴン州・ポートランド出身のアーティスト・Liz Vice(リズ・ヴァイス)。自己表現の根源にストーリーテリングの手法を挙げる彼女のパフォーマンスに、今大きな注目が集まっている。LizはこれまでにEric Early (Blitzen Trapper)、Josh Garrels、Josh White (Telecast)など様々なアーティストと共演し、またSafeway Waterfront Blues Festival、 Portland Soundcheck、 Soul’d Out Music Festivalなど各地の名だたるイベントに出演。彼女の音楽は聴く者の心を瞬く間に解きほぐし、まるで自宅のソファで友人の心地良い歌声に耳を傾けているような穏やかな気持ちにさせてくれる。

そんな彼女のデビュー作となる『There’s a Light』の最大の特徴の一つが、アルバム全編を通して聴くことができる味わい深いレトロなサウンドだ。 「レトロ・ソウル」と言うと、AdeleやAmy Winehouseといった世界的スターをはじめとする様々なアーティストたちのブレイクに象徴されるように、これまでも独自の世界観で多くのファンを獲得してきたが、一方でそれらはあくまでも一時的な流行、一過性のリヴァイヴァルに過ぎないという声も少なからず聞かれてきた。だが現在の音楽シーンを見渡してみると、そういった古き良き時代に並々ならぬ愛を注ぎ、自身のスタイルとして取り入れるアーティストたちは依然多く存在し、人気を集めている。自らの痛みや心模様を、郷愁を誘うサウンドに乗せてマイクの前で潔く歌い上げるLiz Viceのようなニューカマーたちの歌声に耳を傾ければ、そこには単なる懐古趣味とは言い切れない確固たる世界観を感じ取ることが出来るだろう。瑞々しい魅力が詰まったこのアルバムは、時を超えジャンルを超え、多くの音楽ファンに愛される名盤となりそうだ。

ソウルフルな歌声と確かな熱量を感じさせる力強いリリックで人気を集めるオレゴン州・ポートランド出身のアーティスト・Liz Vice(リズ・ヴァイス)。自己表現の根源にストーリーテリングの手法を挙げる彼女のパフォーマンスに、今大きな注目が集まっている。LizはこれまでにEric Early (Blitzen Trapper)、Josh Garrels、Josh White (Telecast)など様々なアーティストと共演し、またSafeway Waterfront Blues Festival、 Portland Soundcheck、 Soul’d Out Music Festivalなど各地の名だたるイベントに出演。彼女の音楽は聴く者の心を瞬く間に解きほぐし、まるで自宅のソファで友人の心地良い歌声に耳を傾けているような穏やかな気持ちにさせてくれる。

そんな彼女のデビュー作となる『There’s a Light』の最大の特徴の一つが、アルバム全編を通して聴くことができる味わい深いレトロなサウンドだ。 「レトロ・ソウル」と言うと、AdeleやAmy Winehouseといった世界的スターをはじめとする様々なアーティストたちのブレイクに象徴されるように、これまでも独自の世界観で多くのファンを獲得してきたが、一方でそれらはあくまでも一時的な流行、一過性のリヴァイヴァルに過ぎないという声も少なからず聞かれてきた。だが現在の音楽シーンを見渡してみると、そういった古き良き時代に並々ならぬ愛を注ぎ、自身のスタイルとして取り入れるアーティストたちは依然多く存在し、人気を集めている。自らの痛みや心模様を、郷愁を誘うサウンドに乗せてマイクの前で潔く歌い上げるLiz Viceのようなニューカマーたちの歌声に耳を傾ければ、そこには単なる懐古趣味とは言い切れない確固たる世界観を感じ取ることが出来るだろう。瑞々しい魅力が詰まったこのアルバムは、時を超えジャンルを超え、多くの音楽ファンに愛される名盤となりそうだ。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

RELEASE

There's a Light

Released:
2015.9.2
Price:
¥2381 (+ tax)
Tags:
Liz Vice, There's a Light,

デビュー作となる『There’s a Light』の中でLizは、そのブルース・シンガーともとれるような独特の質感を持った魅力的なしゃがれ声で、彼女ならではのポエティックな世界観を鮮やかに表現してみせる。時にはまるでAdeleやMavis Staplesのように熱く、また時にはNorah Jonesのようにそっと優しく打ち明けるようにして、彼女は我々リスナー、そして神へとその想いを告白する。
そんな彼女の大胆な歌声にぴったりと寄り添う小編成のバックバンド、そしてアルバム全体に通じる引き締まったアレンジは、マッスル・ショールズのそれを想わせるものだ。オープニングを飾る”Abide”から、リスナーの心は一気に現実から引き剥がされ彼女の世界へと運ばれるだろう。穏やかな空気をたっぷりと孕んだサウンドに心洗われること必至の、本作を象徴する一曲だ。“Entrance”では、まさに神の面前で心の中を吐露するような、彼女の繊細な表現に耳を奪われる。そうして終曲”There’s a Light”の豪快な歌いっぷりに至るまで、Lizは次々と表情を変え、人々を魅了し続ける。

TRACK LIST

  1. Abide3:30
  2. Empty Me Out4:38
  3. Entrance5:03
  4. The Source3:56
  5. Truly Today4:17
  6. Pure Religion1:59
  7. Everything is Yours3:42
  8. All Must Be Well3:55
  9. Enclosed By You4:18
  10. There’s a Light2:03

MOVIE

Contact

このアーティストについてのお問い合わせはこちらから

お問合せ種別 / Type Of Inquiry *
お問い合わせアーティスト名 / Artist Name *
名前 / Name *
メールアドレス / Mail Address *
電話番号 / Phone Number
スカイプID / Skype ID
国 / Country
郵便番号 / Postal Code
住所 / Address
お問合せ内容 / Message *
  • Facebook
  • Twitter
  • Line