fbpx

Nao Yoshioka Live at Blue Note Tokyo -Liberate 2020-

20201218 @ Blue Note Tokyo

Tags:
Blue Note Tokyo, Nao Yoshioka,
Nao Yoshioka Live at Blue Note Tokyo -Liberate 2020-
Date
20201218
Venue
Blue Note Tokyo
Artist
NAO YOSHIOKA
RESERVATION

ニューヨークを拠点に世界を股にかけ活躍する日本人シンガー・Nao Yoshioka(ナオ・ヨシオカ)が、12月18日(金)にBlue Note Tokyoにて一夜限りのスペシャルライブ「Nao Yoshioka Live at Blue Note Tokyo -Liberate 2020-」を開催する。

■自身初のストリングスカルテットを率いたスペシャルライブ
COVID-19の影響により春に予定していたツアーが延期となり、リビングルームから届けるライブストリーミングセッション「Liberate Sessions」や、メンバーシップサービスUtopia限定の配信ライブ「Utopia Jam」を行っていたが、本格的な日本での単独ライブ公演は約1年半ぶりとなるNao Yoshioka。
今回は自身のキャリア史上初となるストリングスカルテットを率いたライブをBlue Note Tokyoにて実現。テーマを“Liberate 2020”とし、「恐怖に自分の人生をコントロールされない」という力強いメッセージを込めて歌った自身の楽曲“Liberation”のメッセージをこのライブに昇華。2020年に世界で起こった出来事で苦しんだ人々が、少しでも恐怖から解放されるよう、日本屈指の厳選されたバンドメンバーと共に、定評のあるバラード、そしてクリスマスソングを盛り込んだスペシャルセットを披露する。2020年の締めくくり、Nao Yoshiokaが奏でる音楽と共に2021年に向けて歩み出そう。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

ARTIST

NAO YOSHIOKAArtist Page

NYに単身で渡米後、ソウルミュージックとの出会いをきっかけに、サム・クックが作った名曲と自分の心がシンクロした経験から、人々の心の奥底に響く音楽をつくる道を志す。その後アポロシアターのアマチュアナイトで準優勝など実績を重ね日本に帰国。2013年から2018年は東京に滞在するも、米国最大級のソウルフェスCapital Jazz FesやBlue Note New Yorkに出演。2018年から再度単身渡米をし同年に日本人初となるビルボードUACチャート32位を獲得。エディトリアルプレイリストにおいてはアメリカの「ALT-R&B」(Apple Music)や「Next Wave Neo-Soul」(Spotify)日本人初の選出。ジョン・バティステ、ネイザン・イースト、エリック・ロバーソン、ママズ・ガンなどと共演歴を持つ。デビュー10周年を迎えた2022年はシングル「Tokyo 2020」「Wave」をリリースした他、10周年を記念した日本ツアー、ヨーロッパツアーを行うなど、精力的に活動を展開。2023年1月には、前回公演の様子がブルーノートオフィシャルYouTubeで230万回再生を超えるなど、世界中から大きな注目を集める。

Release

  • NAO YOSHIOKA Nobody Chase Me (feat. Devin Morrison)
  • NAO YOSHIOKA Feeling So Bright (feat. MXXWLL)
  • NAO YOSHIOKA Flow
  • NAO YOSHIOKA My Love (feat. Jarreau Vandal)
  • NAO YOSHIOKA Unapologetically Me (feat. Takuya Kuroda)
Nao Yoshioka Live at Blue Note Tokyo -Liberate 2020-
Date
20201218
Venue
Blue Note Tokyo
Artist
NAO YOSHIOKA
RESERVATION
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

RELATED NEWS