ワシントンD.C.に生まれUKに育ち、現在はベルリンを拠点に活動するシンガーソングライター/プロデューサー/マルチインストゥルメンタリストのOlivier St. Louis(オリヴィエ・セント・ルイス)。彼のソロ作、EP『Black Music』(2015)と『Ever Since The Fall』(2017)をミックスし限定ボーナストラックを追加収録したアルバム『Road to St. Louis』が、本日デジタル先行解禁となった。

 

幼少期をUKの寄宿学校にて過ごし様々な文化に触れた彼は、ヒップホップ、R&Bからガレージ、ブリティッシュ・ロックに到るまで幅広い音楽への造詣を深めていったそう。その後オックスフォード大学でバイオサイエンスの学位を取得し科学者としての道を歩み始めるも、音楽への情熱を抑えきれず2006年には「Olivier Daysoul」名義でアルバムリリース、Onra、Bibio、Hudson Mohawke、Oddiseeをはじめ多彩なアーティストとコラボレーションを果たし、ついには音楽の道に専念することを決意。

なかでもワシントンD.C.のラッパー/プロデューサーOddiseeとは長らくタッグを組み、最新作『The Iceberg』収録の“Rights & Wrongs”でフィーチャーされ、バンドメンバーとしてもツアーに同行するなど全幅の信頼を寄せられている。

 

 

そんな彼がこれまでリリースしてきたEP『Black Music』(2015)と『Ever Since The Fall』(2017)をミックスしたアルバム『Road to St. Louis』には、ロマンチックでスピリチュアル、グルーヴィーでメロディアスという絶妙なバランス感覚で紡がれる珠玉の12曲が収録。歌はもちろん、多くの楽器演奏やアルバム全体のプロデュースも自ら手がけるというマルチアーティストとしての極めて高い完成度と、ブルースを基点にR&B、ヒップホップ、ロックなどの要素も網羅しどこか懐かしくも現行シーンにおいても突出した刺激的なサウンドが詰まっている。

 

収録曲“Ain’t Cool”のOddiseeによるリミックスなど2曲のボーナストラックも収録された豪華仕様で日本独占リリースとなる本作は、音楽ファンならマストチェックの傑作。来週12/20にはCDも発売となるのでぜひご一聴いただきたい。

 

>iTunesでチェックする