サックス奏者、ソングライターとしての活動に加え、近年はヴォーカリストとしてもその才能を開花させ注目を集める若きアーティスト・Braxton Cook(ブラクストン・クック)。音楽好きの家庭で育ったBraxton Cookは、幼い頃から古き良きジャズの名盤に親しみ、またMotown、Parliament-Funkadelic、Cameo、Bill Withersなど幅広いサウンドに触れながら日々を過ごした。5歳の頃、母が父のために借りてきたサックスで父が演奏した“Somewhere Over The Rainbow”に強い衝撃を受けサックスを始めたというBraxtonは、その後各地で研鑽を積み、2011年、ジャズをより本格的に学ぶべくジョージタウン大学からNYの名門・ジュリアード音楽院へと移籍。学業の傍らWynton Marsalis、Jon Batisteらと連日ステージを共にするなど目覚ましい活躍をみせ、その後Donald Harrisonのライブにてグラミー賞受賞トランペッター・Christian Scottと出会い、直ちにその才能を見出されることとなる。半年後にはLAでChristianのレコーディングに参加し、さらにその4年後にはChristian Scottグループの一員として世界ツアーに同行。着実なステップアップを続けてきたBraxtonの待望のデビューアルバム『Somewhere in Between』に収められたサウンドは、まるで日常と幻想が交差する淡い夢のようだ。サックスを、歌を、そして音楽を愛し求め続ける彼のありのままの姿が映し出された本作は、ジャズ、R&Bを愛するすべての人が出会うべきデビュー作にして名作と言える一枚である。

サックス奏者、ソングライターとしての活動に加え、近年はヴォーカリストとしてもその才能を開花させ注目を集める若きアーティスト・Braxton Cook(ブラクストン・クック)。音楽好きの家庭で育ったBraxton Cookは、幼い頃から古き良きジャズの名盤に親しみ、またMotown、Parliament-Funkadelic、Cameo、Bill Withersなど幅広いサウンドに触れながら日々を過ごした。5歳の頃、母が父のために借りてきたサックスで父が演奏した“Somewhere Over The Rainbow”に強い衝撃を受けサックスを始めたというBraxtonは、その後各地で研鑽を積み、2011年、ジャズをより本格的に学ぶべくジョージタウン大学からNYの名門・ジュリアード音楽院へと移籍。学業の傍らWynton Marsalis、Jon Batisteらと連日ステージを共にするなど目覚ましい活躍をみせ、その後Donald Harrisonのライブにてグラミー賞受賞トランペッター・Christian Scottと出会い、直ちにその才能を見出されることとなる。半年後にはLAでChristianのレコーディングに参加し、さらにその4年後にはChristian Scottグループの一員として世界ツアーに同行。着実なステップアップを続けてきたBraxtonの待望のデビューアルバム『Somewhere in Between』に収められたサウンドは、まるで日常と幻想が交差する淡い夢のようだ。サックスを、歌を、そして音楽を愛し求め続ける彼のありのままの姿が映し出された本作は、ジャズ、R&Bを愛するすべての人が出会うべきデビュー作にして名作と言える一枚である。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

RELEASE

No Doubt

Released:
2019.4.17
Price:
¥2381 (+ tax)
Tags:
Braxton Cook, No Doubt,

本国アメリカでは2018年にリリースされ、iTunesジャズチャート2位を記録した本作は、2017年にリリースしたデビュー作『Somewhere in Between』で打ち出した、ジャズからR&Bへとアプローチした独自のスムースでチルなサウンドがさらに洗練され、思わず何度も聴きたくなる作品に仕上がっている。

タイトルトラック“No Doubt”は元々の彼のフィールドであるジャズナンバーながら、アルトサックスの音色の上から彼のヴォーカルが重なり、キャッチーかつエネルギッシュな楽曲になっている。続く“When You Hold Me”では一転して90年代R&Bをベースにジャズに寄り添うような楽曲になっていて、頭の2曲で彼が本作においてジャズとR&B両方にスタンスを置きながら独自のスタイルに迫っていることを示すかのようだ。それ以降もD’Angeloのような厚いコーラスが響くバラード“For More”やPat Methenyのように爽やかに流れるようなジャズナンバー“We Major”などジャズ・サキソフォニストとR&Bシンガーの両面を巧みに織り交ぜていく音楽センスの高さには脱帽。日本盤にのみ収録された3曲のボーナストラックも、いずれも本編に収録されている楽曲に劣らない秀逸さなのでぜひ聴いてほしい。

TRACK LIST

  1. No Doubt5:14
  2. When You Hold Me4:01
  3. Like You Used To3:47
  4. We Major4:04
  5. For More4:24
  6. Pretend4:13
  7. Wish You Well4:06
  8. Lost Ones4:41
  9. Outro3:55
  10. Take It Slow [Japan Bonus Track]2:16
  11. More Lovin’ [Japan Bonus Track]2:30
  12. Like You Used To (Alternate Version) [Japan Bonus Track]3:47

Somewhere in Between

Released:
2017.9.6
Price:
¥2381 (+ tax)
Tags:
Braxton Cook, Christian Scott, Somewhere in Between,

ジャズの即興性とR&Bヴォーカルの魅力をふんだんに詰め込んだ彼の記念すべきデビューアルバム『Somewhere in Between』が、遂にこの度日本でも解禁となる。
収録された全12曲(加えて日本盤にはボーナストラック1曲収録)を通して、Braxtonは優れたアルトサックス奏者として、ヴォーカリストとして、その魅力を臆することなくリスナーへと伝えている。また楽曲それぞれの世界観は彼自身の心の内側を大胆に明示する内容となっており、リスナーはアルバムを通じてBraxton Cookという一人の青年の生き様を強く、身近に感じることができるだろう。
表題曲“Somewhere in Between”は、匿名の群衆による囁きのようなホワイトノイズが心地よく広がり、甘い歌声と呼応する美しいナンバー。その幻想的なサウンドは、淡い光が窓から差込み、揺らめきながら室内に充満する様子を想起させる。演奏にはMathis Picard(Key)、Andrew Renfroe(Gt.)、Joshua Crumbly(Ba.)、Jonathan Pinson(Dr.)など注目の実力派が集結し、加えてLauren Desberg(Vo.)、Samora Pinderhughes(Key.)もその存在感を光らせている。
その他、柔らかな眼差しに満ちた歌声が愛おしい“I Can’t”や、ジャジーで気だるげなピアノが心地よく波紋を広げる“Never Thought”など、多様性に富みながらも一貫した物語が描き出された本作は、多くのリスナーを魅了すると共にBraxtonの今後の活躍を確信させるだろう。

TRACK LIST

  1. Millennial Music (Intro)5:00
  2. You're The One5:00
  3. FJYD5:00
  4. I Can’t5:00
  5. Hymn (For Trayvon)5:00
  6. Until5:00
  7. Mathis' Tune (Interlude)5:00
  8. Somewhere in Between5:00
  9. Run Away5:00
  10. Pariah feat. Samora Pinderhughes5:00
  11. Never Thought5:00
  12. The Gospel5:00
  13. Somewhere in Between (Swarvy Remix) [Japan Bonus Track]5:00

MOVIE

RELATED NEWS

Contact

このアーティストについてのお問い合わせはこちらから

お問合せ種別 / Type Of Inquiry *
お問い合わせアーティスト名 / Artist Name *
名前 / Name *
メールアドレス / Mail Address *
電話番号 / Phone Number
スカイプID / Skype ID
国 / Country
郵便番号 / Postal Code
住所 / Address
お問合せ内容 / Message *
  • Facebook
  • Twitter
  • Line