テネシー州を拠点に活動するDeRobert & the Half-Truths(ディロバート・アンド・ザ・ハーフ・トゥルース)の武器と言えば、やはり南部諸州特有の重厚感のある赤土と汗の匂いを湛えた古き良きサウンドだろう。彼らが生みだすでっぷりと重厚なサウンドには、現在ブラック・ミュージック・リスナーのみならずDJ界隈からも熱い視線が注がれている。

DeRobert and the Half-Truthsのフロントマン・DeRobert Adamsは、テネシー州・ナッシュビルから200マイルほど西に行ったところにあるメンフィスの準郊外で教会の聖歌隊の一員として音楽人生のスタートを切った。彼はこの地で自身の生まれ持った才能を開花させ、さらに日々トレーニングを重ねることで高い技術と表現力を伴った実力派ヴォーカリストへと逞しく成長する。2000年、19歳になったDeRobertは、家族の反対を押し切りスーツケースに荷物をまとめてマーフリーズボロの夜へと飛び出した。マーフリーズボロと言えば小さな大学街として知られる街だ。この街にあるミドルテネシー州立大学で、彼は後のG.E.D.Soul Recordsの創立者でありThe Half-Truthsのメンバーとしても活動を共にすることになるNick DeVanとDavid Singletonの二人と出会いを果たす。

DeRobert & the Half-Truths名義での処女作となる7inch”Fallen’ In Debt”は2008年にリリースされ、さらに”Wake On Up”、”Too Busy”という2枚のEPも相次いで発表された。そしてこれら気骨ある作品群によって彼らは、耳の早いブラック・ミュージック・リスナーやソウルDJ等の心を瞬く間にがっちりと掴んでみせた。彼らの持ち味であるオールド・スクールなサウンドとDeRobertの圧倒的な歌声は本作『Beg Me, Soul in a Digital World』の中でも遺憾なく発揮されている。音楽の歓びを一点の曇りもなくストレートに味わわせてくれる名盤と言えるだろう。

テネシー州を拠点に活動するDeRobert & the Half-Truths(ディロバート・アンド・ザ・ハーフ・トゥルース)の武器と言えば、やはり南部諸州特有の重厚感のある赤土と汗の匂いを湛えた古き良きサウンドだろう。彼らが生みだすでっぷりと重厚なサウンドには、現在ブラック・ミュージック・リスナーのみならずDJ界隈からも熱い視線が注がれている。

DeRobert and the Half-Truthsのフロントマン・DeRobert Adamsは、テネシー州・ナッシュビルから200マイルほど西に行ったところにあるメンフィスの準郊外で教会の聖歌隊の一員として音楽人生のスタートを切った。彼はこの地で自身の生まれ持った才能を開花させ、さらに日々トレーニングを重ねることで高い技術と表現力を伴った実力派ヴォーカリストへと逞しく成長する。2000年、19歳になったDeRobertは、家族の反対を押し切りスーツケースに荷物をまとめてマーフリーズボロの夜へと飛び出した。マーフリーズボロと言えば小さな大学街として知られる街だ。この街にあるミドルテネシー州立大学で、彼は後のG.E.D.Soul Recordsの創立者でありThe Half-Truthsのメンバーとしても活動を共にすることになるNick DeVanとDavid Singletonの二人と出会いを果たす。

DeRobert & the Half-Truths名義での処女作となる7inch”Fallen’ In Debt”は2008年にリリースされ、さらに”Wake On Up”、”Too Busy”という2枚のEPも相次いで発表された。そしてこれら気骨ある作品群によって彼らは、耳の早いブラック・ミュージック・リスナーやソウルDJ等の心を瞬く間にがっちりと掴んでみせた。彼らの持ち味であるオールド・スクールなサウンドとDeRobertの圧倒的な歌声は本作『Beg Me, Soul in a Digital World』の中でも遺憾なく発揮されている。音楽の歓びを一点の曇りもなくストレートに味わわせてくれる名盤と言えるだろう。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

RELEASE

Beg Me, Soul in a Digital World

Released:
2015.6.17
Price:
¥2381 (+ tax)
Tags:
Beg Me, DeRobert & the Half-Truths, Soul in a Digital World,

この度日本国内盤のリリースが決定したDeRobert & the Half-Truthsの『Beg Me, Soul in a Digital World』には、生き生きとしたベースラインの上でダイナミックに駆け回るヴォーカルと軽妙なホーンのやりとりが痛快なタイトルトラック”Beg Me”の他、DeRobertの語り聞かせるような歌い口とクラシカルで華やかなコーラスが印象的な”Fingertips”など、往年のソウルへの敬意を込めたオマージュと言える楽曲が多数収録されている。多様化する今日のミュージック・シーンにおける、ソウルの真髄に迫る見逃せない一枚の登場だ。

TRACK LIST

  1. Beg Me2:12
  2. Just Don't Care2:36
  3. Fingertips2:25
  4. Reachin' Out2:57
  5. Call Me3:29
  6. The Joy3:57
  7. Poor Man Walk2:30
  8. I Know3:12
  9. Take Me Out of the Dark3:08
  10. The Feel3:56
  11. Disappear (On You)2:43
  12. Just Don’t Care [Instrumental] [Japan Bonus Tracks]2:52
  13. Fingertips [Instrumental] [Japan Bonus Tracks]2:22
  14. Reachin’ Out [Instrumental] [Japan Bonus Tracks]5:07

MOVIE

RELATED NEWS

Contact

このアーティストについてのお問い合わせはこちらから

お問合せ種別 / Type Of Inquiry *
お問い合わせアーティスト名 / Artist Name *
名前 / Name *
メールアドレス / Mail Address *
電話番号 / Phone Number
スカイプID / Skype ID
国 / Country
郵便番号 / Postal Code
住所 / Address
お問合せ内容 / Message *
  • Facebook
  • Twitter
  • Line