発起人であるMKFWIが大学時代の友人達と2015年に結成したコレクティヴ、Solomons Garden(ソロモンズ・ガーデン)。結成時は「アーティストのための楽曲制作・プロデュース集団」として鮮烈なインパクトをもたらす楽曲を制作してきた彼らだったが、次第に自身がアーティストとして作品をリリースすることに注力。2016年にシングル“Sand Dunes”をリリースすると、スマートな歌詞とキャッチーで頭に残るメロディー、ソウルフルなビートで音楽ファンたちの間で話題の存在となっていった。一方、各々が持つその強烈なクリエイティヴィティが故に活動自体には困難が伴い、メンバーの離脱による活動休止など苦難の時をむかえたが、2017年に1stアルバム『Welcome to the Garden』で更に研ぎ澄まされた音楽とともに復活。現在は全員がソングライターでもありプレイヤーであるMKFWI、Chanel Hemmings、Erica Terres、Dan “The Whizz” Toddの4人がメンバーとして驚異的な速度でハイクオリティな楽曲を発表し続けている。BBCのレコードオブザウィークを2度受賞したほか、Lattitude FestivalでのBBCのイントロデューシングステージのヘッドライナーも務めるなど制作、ライブとどちらでも高い評価を受けている。「ブラック・ブリティッシュ・ソウルの新星」として燦然と輝くコレクティヴである彼らが音楽シーンを席巻していく未来はそう遠くはないだろう。

発起人であるMKFWIが大学時代の友人達と2015年に結成したコレクティヴ、Solomons Garden(ソロモンズ・ガーデン)。結成時は「アーティストのための楽曲制作・プロデュース集団」として鮮烈なインパクトをもたらす楽曲を制作してきた彼らだったが、次第に自身がアーティストとして作品をリリースすることに注力。2016年にシングル“Sand Dunes”をリリースすると、スマートな歌詞とキャッチーで頭に残るメロディー、ソウルフルなビートで音楽ファンたちの間で話題の存在となっていった。一方、各々が持つその強烈なクリエイティヴィティが故に活動自体には困難が伴い、メンバーの離脱による活動休止など苦難の時をむかえたが、2017年に1stアルバム『Welcome to the Garden』で更に研ぎ澄まされた音楽とともに復活。現在は全員がソングライターでもありプレイヤーであるMKFWI、Chanel Hemmings、Erica Terres、Dan “The Whizz” Toddの4人がメンバーとして驚異的な速度でハイクオリティな楽曲を発表し続けている。BBCのレコードオブザウィークを2度受賞したほか、Lattitude FestivalでのBBCのイントロデューシングステージのヘッドライナーも務めるなど制作、ライブとどちらでも高い評価を受けている。「ブラック・ブリティッシュ・ソウルの新星」として燦然と輝くコレクティヴである彼らが音楽シーンを席巻していく未来はそう遠くはないだろう。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

RELEASE

How Did We Get Here?

Released:
2018.9.19
Price:
¥2381 (+ tax)
Tags:
How Did We Get Here?, Solomons Garden,

多大なインパクトを与えた1stアルバム『Welcome to the Garden』に続く待望の2ndアルバム『How Did We Get Here?』が、この度オリジナル・トラックを加えた日本盤としてリリースされる。オールドスクールなサウンドに、上品なハーモニーと切れ味鋭い斬新なエフェクトが調和した本作はリスナーを幻惑的な夢想へと誘うだろう。

今回収録された全14曲には、有機的なグルーヴでありながらビートミュージックらしいエッセンスも存分に散りばめたSolomons Gardenが完成させたエモーショナルでいて洗練されたR&Bの世界が凝縮されている。

繊細なグルーヴを感じさせるオープニング曲の“Let You In”から始まり、レイドバックさせたビートにスムースなボーカルがのるSolomons Gardenらしさ満点の “PastPresentFuture”、“Wolf/Sunset”、“Eye Of The Hurricane”が中盤を固める。さらにグルーヴィーなベースの上でメロウなエレキピアノがキラキラと舞い、90年代の雰囲気を多分に感じさせる“Can’t Take My Smile”、上品で秀麗なボーカルのハーモニーがさざ波のように静かに広がる“Icarus”など、Solomons Gardenの過去と現在、そして未来を堪能できるトラック達が集まった。

TRACK LIST

  1. DMUTV/Misfits4:08
  2. Good Things3:18
  3. Let You In4:30
  4. Icarus4:28
  5. PastPresentFuture4:59
  6. A.Bomb (Interlude)0:43
  7. The Manhattan Project4:04
  8. Can't Take My Smile3:16
  9. Butterflies4:28
  10. Love Letter4:48
  11. Wolf/Sunset5:18
  12. Eye of the Hurricane3:32
  13. Smile Again [Japan Bonus Track]3:29
  14. Shade of Grey [Japan Bonus Track]2:57

Welcome to the Garden

Released:
2017.6.14
Price:
¥2381 (+ tax)
Tags:
Solomons Garden, Welcome to the Garden,

その柔らかな音色と洗練されたビート、美しく揺らめくヴォーカルで魅せる”Love Feet High”、重なり合うコーラスが妖艶に広がる”The One We Called Brother”、各パートが白熱した会話を繰り広げるようにして作品の世界観を無限に広げる”Questions”など、収録曲はいずれも抜群の完成度で、濃密な内容となっている。また本作は既にUKのBBC Radio、アメリカのRadio Phoenixをはじめ幅広いメディアに取り上げられ、世界的に熱い注目を集めている。

TRACK LIST

  1. Love Feet High
  2. The One We Called Brother
  3. Ego
  4. Speak
  5. The Waters
  6. Sandunes
  7. Questions
  8. Love Feet High (Acoustic)
  9. Speak (Acoustic)
  10. Questions (Acoustic)
  11. Ego (MKFWI Remix)

MOVIE

RELATED NEWS

Contact

このアーティストについてのお問い合わせはこちらから

お問合せ種別 / Type Of Inquiry *
お問い合わせアーティスト名 / Artist Name *
名前 / Name *
メールアドレス / Mail Address *
電話番号 / Phone Number
スカイプID / Skype ID
国 / Country
郵便番号 / Postal Code
住所 / Address
お問合せ内容 / Message *
  • Facebook
  • Twitter
  • Line