ロンドンのシンガーソングライターRuby Francisが、同じくロンドン出身のNK-OKとMr.DMによるビートメイカー・デュオBlue Lab Beatsをフィーチャーしたニューシングル「Let Me In (feat. Blue Lab Beats)」を8/27にリリース

 

プリアド・プリセーブはこちらから → https://lnk.to/rfletmein

 

先月7/23にリリースされたシングル「Jasmine」もSpotifyやAmazon Music、Deezerなどのプレイリストにピックアップされ話題となっているRuby Francis。

本作「Let Me In (feat. Blue Lab Beats)」のアイデアは、Blue Lab Beatsと共に出演したThe Great Escape Festivalへの道中に思いついたもので、70年代のパーカッションやゴージャスなシンセサウンド、コード進行を取り入れ、現代にアップデートしたチルR&Bに仕上がっている。

楽曲についてRubyは、「人間関係における脆さについて個人的な実体験に基づいて表現しているの。でもそれは誰しもが何かしらの形で解釈できるものだと思う。自分自身を自由にするためにも私たちみんながそういった脆さと向き合っていく必要があると考えているわ。」と述べている。

ロンドン、ロサンゼルス、日本と国をまたいで精力的に活動を続け、Wonderland MagazineやBBC RadioのTomRobinson、Jamie Cullumからも熱い指示を受けているRuby Francis。

2021年の11月にはニューアルバムのリリースも予定しているという彼女からますます目が離せない。